霊園とは、亡くなった人を埋葬する墓地のことです。しかし今や人間だけのものではなく、近年では、ペットを家族の一員として大切に飼っている人も多いことから、ペット霊園も増えてきています。ペットの葬儀、火葬、納骨、供養まで全てを任せられます。犬や猫だけではなく、うさぎやハムスターまで対応している所もあります。また、ペットと一緒に入れる所もあります。私も、犬、ウサギ、ハムスターなどたくさんのペットを飼っています。ペットはたくさんの癒やしを与えてくれ、喜びもくれます。毎日、共に過ごしている大切な存在です。動物も人と同じ様に、扱われるようになってきたのだと改めて感じました。自分も、眠りにつく時は、大切な存在と一緒の場所で眠りたいと思います。そう思う飼い主の声に応えたものが、増えてきています。霊園も変わりつつあるのだと思います。

霊園を選ぶ基準について

霊園を選ぶ際に重視するのは何でしょうか。例えば先祖代々が眠っている所を選ばれる方もいるでしょう。しかし、最近は家族の形態も多様化しており先祖代々のお墓の近くに親戚縁者がいるとも限りません。ですから、そこに拘ってしまうと子孫にとってお参りが負担になってしまったり、管理が行き届かなくなってしまいかねません。ですから、お墓を守る方の近くを選ぶのも一つの方法でしょう。少子高齢化が進み、若い人が世界規模で労働を提供する場所を探す世の中になりつつあります。長男を中心とした子供たちがお墓の管理をするという考え方自体が通用しない世の中になってきています。霊園を管理してくれる所自体が供養を中心になって行ってくれるようなサービスも出てきています。永代供養も身寄りのない方や、子孫のいない方だけが選ぶものではなくなってくるでしょう。

ペット好きの友人は霊園で供養する

私の友人の一人に無類のペット好きの人が一人います。その人は自宅に犬を3匹、猫を2匹飼っていてとても賑やかな家庭だそうです。普段仕事から帰ってくると多くのペットがお出迎えをしてくれて、自宅に一人でいても全く寂しくはないそうです。みんな家族のいようなもので、食事も一緒の時間にとり寝る時もみんなで寝ると言っていました。さすがに出かけるときはみんな一緒というわけには行かないそうなのですが、月に一格くらいはペットを遊ばせることができる施設にみんなで言っているそうです。今まで何匹かのペットがなくなってしまったそうですが、その時は専用の霊園に入れて供養していると言っていました。そっして毎年決まった日にはお墓参りにいっているすで、ほんとの家族と変わらないなと思いながら聞いていました。ペット好きの人はそういった人が多くいるようですね。

バリアフリー霊園から富士山を眺望できる霊園まで、幅広いニーズにお応えできる公園墓地をご紹介致します。 確かな技術とアフターサービスでお客様のお墓作りをサポート致します。是非一度ご相談ください。 東京、神奈川、埼玉でお墓でお悩みのお客様に、墓石のことだけでなく霊園や付随することについてサービスを提供いたします。 横須賀線沿いの墓地は神奈川に住むお客様が主に選ばれます。ペット霊園を依頼するなら美郷石材へ。